挿入が痛くて旦那さんとエッチできないみきさんの感想

挿入に痛みが伴う。痛くてエッチできない。
と依頼いただくことは多いです。

たしかに、あなの部分が小さい方もいらっしゃいますが。基本的に男性が悪いこと95%です。

 
十分な愛撫とゆっくり丁寧な挿入。女の子は気持ちが大切です。
 
女の子のあそこって形状記憶なんです。男性器に合わせることができるのです。
だから、一気に入れずに、ゆっくり、いれては5秒から10秒待つ。そのあとまたゆっくり動かす。それだけでも全然違います。
おまけとして、硬くなったあれで、クリトリスをこすり、クリへの気持ちよさを感じて、少しでも興奮する気持ちを高めます。
 
少しでも痛くないように挿入します。そしておちんちんの気持ち良さを知る。これは本当に大切なことです。
女の子は気持ちが大切です。2回目です。そして気持ちが大切なので、
おちんちんを痛いと思っていると、せっかく濡れたのが渇き、余計に痛くなります。
おちんちんは気持ち良いものと脳が理解する。そのことが必須です。
そのためには、エッチして気持ち良いと自分自身が感じる必要があります。
 
今回、痛くて夫とできないのに悩んでいて、これではダメだと思ってたみきさん。
実際施術すると感度もいいし、濡れぐあいもなんの問題もない。
しかも挿入して欲しいと思ってくださった様子。
 
終わった後に、旦那さんともエッチしてみますと言ってくださったのは嬉しかったです。

エッチにしたいけど、痛いからと悩まれている方。気持ち良さを味わってみませんか。

感想

■リラックス目的の施術(リンパマッサージ)の感想
強さや刺激が丁度いいか適宜確認してくれて、気持ちよかったです

他の方も含めた体験談・感想を掲載しています

体験談・感想

ご依頼・お問い合わせはこちらから

ご依頼・お問い合わせ