SEXに痛みを感じたり、気持ち良さを感じなかったりで悩んでいませんか?

SEXが気持ちよくなるためには感情(興奮)が必要です

SEXに痛みを感じる
SEXに気持ち良さを感じない

友達や周りはSEXは気持ち良いと言ってる
でも自分は・・・
特に結婚しても旦那さんとSEXが楽しめなかったら、子作りのこともあり悩みが深かったりします。

そもそも誤解されてるのは、基本SEX は気持ち良いものではないです。
もしSEXが気持ちよかったら、極端にいうとレイプも気持ちよくなってしまいます。

これは男性側が悪いです。SEX=気持ち良いと思いこんでます。
だから女性が挿入を痛がると男性側はどうして?という顔をします。
結果女性が気持ち良いふり、いったふりをするという悪循環になります。

そもそも基本は気持ちよくないのです。
でも、気持ち良くもなります。

その違いは何か?
女性自身の心の持ちようです。
それだと曖昧ですね。
要は女性が興奮しているかどうかで気持ち良さが全然変わってくるのです。
興奮とは何か性的欲求です。触れられたり、触れたい、そういう欲求です。

女性は、まず感情がありそれが脳に伝わり、身体に感覚としてでます。
脳でエッチします。人によっては子宮でエッチするなど言いますが、どちらも言い分も同じで感覚的なところなんです。感情が高まっていなくてもどこかを触られたら気持ちよくなるのではありません。

それがanisanが数人から学び思う脳イキの考え方です。
性器に触れずにいくことができるということは、性器=重要ではなく、
興奮が高まることの方が重要ということを指しています。
興奮の鍵をにぎるのが心です。

そこは男性との違いです。
男性はおちんちんをしごかれると感情はなくても気持ち良さを体感します。外的刺激が感覚としてでてきます。

でも、女性はまず感情です。

食事に例えると、お腹がすいてすごく食欲があって、何か食べたいと思って食べる一口はすごく美味しく感じませんか?お腹いっぱいや、食欲なかったときは、何か食べても美味しいと感じなくありませんか?
エッチにおいてもそれは同じで、特に女性の場合そればエッチだと顕著なのです。

旦那さん、彼氏さんとのSEX が痛い、気持ち良くない?という方は思い返してみてください。
そのSEX興奮してやっていましたか?

痛みを感じたり、SEXに気持ち良さを感じないと思ってしまうと、挿入段階では脳が冷静になってしまうんです。興奮がさめるんです。

挿入されるの嫌だなと思ってませんか?
思えば思うほど痛くなります。気持ち良さは感じられません。

興奮すればするほど気持ち良くなります。
でもこれが難しいのです。ほんと難しいのです。簡単に興奮がさめてしまうからです。

だから痛くなる理由や、気持ち良く感じられない理由を探る前に、興奮がさめてしまっているならば、興奮を阻害する要因を考えるべきです。心当たりはありますか?

anisanの性感マッサージは、一緒に何に興奮できるのか
何が興奮を阻害しているのか
を考えていきます。

話しながら、身体の色んな部分に触れながら、興奮できると気持ち良さも違うことを体感していただきます。
体感できると、安心できます。
SEXが痛いのは、気持ち良くないのは自分のせいじゃなかったんだ。自分も気持ち良くなれるんだ。

安心できると、余裕がうまれます。余裕が生まれると、興奮を阻害する要因が減ります。
例えば美味しいお肉を食べたとき、またそのお肉を見ると美味しいという感覚、食べたいという感覚を感じませんか?

SEXも同じです。気持ち良さを感じることができると、またそれをしたいという感情、入れる前から気持ちいいんだろうなという想像を生み興奮が高まります。興奮が高まると余計に気持ち良くなれます。

大事なことが感情だからこそ、興奮を阻害している要因を見つけて、興奮で気持ち良さが上がることを感じて、そのことがさらに期待を生み、興奮が高まり、余計に気持ち良くなるという好循環を生みだせます。

これは極端ですが、一緒に興奮を阻害する要因をみつけて、もっとエッチが楽しみになるようになりませんか?

SEXに痛みや恐怖を感じているならば、少しでも気持ち良さを体感して、痛みや恐怖を和らげませんか?

anisanの性感マッサージの特徴は理論に基づく体感です。一緒に解決していきます。一人で悩まず、もっとエッチを楽しみになるよつにしませんか?

1人でも多くの人がエッチが楽しみになるように、ご依頼お待ちしております

 

 

●Twitterのフォローをお願いします

・アカウント  anisanseikan
Twitterアドレス
https://twitter.com/anisanseikan

 

●他の方も含めた体験談・感想を掲載しています

体験談・感想

 

●ご依頼・お問い合わせはこちらから

ご依頼・お問い合わせ

Follow me!